うつ病の診断を受けたら【心と体を守る方法を知ろう】

  1. ホーム
  2. 精神的な病の治療法

精神的な病の治療法

聴診器

治療は専門家の元で

うつ病の診断を受けると、主に「休養を取る」「投薬」「精神療法」といった治療法を取ることになります。まず休養を取るとは、仕事や家事から一度離れ、心理的・身体的なストレスの負担を取り除くことです。通常の場合、医師が診断結果を元に判断し、本人または家族へ休養を取るべきか、またどの程度の期間休養を取るべきかを伝えます。この際、うつの程度によっては入院が必要と判断されることもあります。次に投薬には、抗うつ剤が処方されるのが一般的です。この薬剤にはいくつか種類がありますが、どれも脳の神経伝達系に作用してうつの原因になる物質を阻害するために、治療に効果があるとされています。抗うつ剤は現在薬局等で市販されている他に、インターネットから手に入れることも可能です。しかし、あまり効果が見られなかったり、効果が強すぎて逆に悪い影響が出てしまったりするリスクも存在するため、注意が必要です。抗うつ剤は医師の診断と処方により、自分に一番適したものを適量服用することが最も安全と言えるでしょう。そして最後の精神療法は、別名カウンセリングとも呼ばれ、医師が患者と言葉を交わして精神状態の向上を目指すものです。うつ病を発症している精神状態は、例えば悲観的であったり、自己を否定したりする傾向が強く見られます。精神療法では、まず患者の悩みや不安を聞き出して信頼関係を築くことが第一であり、その後は患者特有の思考や認識を医師の言葉によって修正する認知療法を開始するのが、よく見られる精神療法の流れです。認知療法はうつの根本にあることが多い精神的な問題(認知のゆがみ)を解決するのが目的であり、うつの再発を防止する上でも有効な治療法とされています。うつ病を効果的に治療するには、何よりもまず医師の診断を受けて原因をはっきりさせ、自己に適した治療を一緒に行っていくことが大切です。安易な自己診断や、それに基づく投薬は治療を長引かせてしまったり、反対に悪化させたりする危険もあります。また、途中で投薬や通院をやめてしまうことも同じく危険です。担当の医師が信頼できないといった場合には、変更の申し入れや転院などを行い、専門家の元で根気強く治療を行っていきましょう。