うつ病の診断を受けたら【心と体を守る方法を知ろう】

  1. ホーム
  2. 症状が出たら病院へ

症状が出たら病院へ

男の人

無理をし過ぎないこと

今までは毎日元気に出勤をしていた人が、元気がなくなったり、やる気が起きなくなっていたりすると、うつ病を発症している可能性があります。自己判断でうつ病かどうかを判断することはできませんが、眠れなかったり食欲がない状態が続いていたり、家族や周囲からも指摘されるようになってくると、何らかの変化が起きているのかもしれません。うつ病の症状らしきものがたくさん出ているようであれば、一度心療内科や精神科に行き、診断を受けた方がいいでしょう。ただ疲れているだけだからといって放置していても、症状が改善しない場合、辛い症状に苦しみ続けることになります。そのため、早く病院で診断を受けた方が自分自身も楽になります。病院に行きうつ病と診断された場合には、治療をしていかなくてはなりません。治療をすることで改善していけば、仕事にも復帰しやすいですし、充実したプライベートを過ごすことができます。うつ病の治療方法として多いのが、抗うつ剤を処方されるケースです。薬によって症状を改善させていくのが目的ですが、副作用が酷い場合には医師に相談をするといいでしょう。副作用が酷いからといって、自己判断で薬を飲まずにいると治療になりませんので、必ず相談しなくてはなりません。薬が体によく合う人は、二週間程度飲用を続けることによって症状が落ち着いてきますが、この時にも自己判断で薬をやめないようにしましょう。もう症状が落ち着いたのだから飲む必要はないと判断し、服用をやめることによって、最初よりも症状を悪化させることがあるからです。それではせっかく治ってきていたものが振り出しに戻りますので、さらに時間をかけての治療が必要になります。早く改善させるために大事なのは、医師の指示通りに薬を服用することですので、決められた用法用量で飲むようにしましょう。治療を終えて回復したと診断されても気をつけなくてはならないのは、再発をしないようにすることです。うつ病は一度治っても再発することがありますので、無理をしない生活を心がけましょう。頑張りすぎる性格の人は再発しやすいので物事を少し気軽に考えるようにするのも再発防止につながります。